パートタイム従業員の皆様と共に

あなたの会社でもパートタイムで働かれる従業員の方はいらっしゃるとお思います。

もちろん、私の会社でもパートタイム従業員の方はいます。

というか、私の会社では、約50名の職員のうち、ほぼ9割近くがパートタイム従業員で構成されています。

ですので、私達の会社にとって、パートタイムで働いていただいている従業員の皆様に、いかに気持ちよく働いていただくかは会社にとっての最重要課題の1つとなっています。

昨年から私の会社では、パート職員の皆様へのアンケートを実施し始めました。

第1回のアンケート結果の1つで、細かい数字はお見せできないのですが、

大きな傾向を示すグラフがこちらです。

このグラフが全員「満足している」になるように、今後共会社として努力を続けていきたいと考えています。

これは、いつもパートさんを含めて全社員に言うのですが、今は世の中の変化が大きく、どんどん業務が変化していきます。

「業務が変化する」とは、扱っている道具が変わったり、作業内容そのものが変わったり、作業項目の数が変わったり、作業時間帯が変わったりと色々ありますが、とにかく1年経ってみると、結構業務内容は変化していることが多いのではないでしょうか?

それと共に、パートさんの仕事も変わる可能性があります。

もちろん、極端に違う業務をパートの従業員さんに強いることは出来ないと思いますが、

それでも、可能な範囲で受け入れていただかないと、会社としてもなかなか世の中の変化についていくことが出来ず、業績が悪くなる可能性が高くなります。

よく、いろいろな本やお話の中で、「社員は家族だ」というくだりがありますが、

私は個人的には、この言い方は好きではありません。

さすがに「ちょっとなー」と思ってしまいます。

やはり、「社員はチームだ」の方がしっくり来るのではないでしょうか?

チームには、そのチームに与えられた目的が有り、その目的を果たすために、チームメンバーは色々なことをします。

もし、このチームの向かうべき目的を共有できないメンバーがいるとすると、やはりその人はそのチームには所属すべきではないと思います。

なぜなら、その結果その人もチームもお互いが不幸になると思うからです。

私の会社では、可能な限りパートの職員さんへの待遇改善に努めています。

(少なくとも自分はそのように努力しているつもりです)

それは、給与であったり、休憩場所であったり、会社とのコミュニケーションであったり、(宴会含む)色々あります。

その一方で、先程お見せしたアンケートを実施したり、正規職員と同じように、パート職員の評価をできるだけ、きっちりとできるように心がけていこうと考えています。

特にこの「評価」は、今まで私達の会社では、「うまく運用されている」とは言い難い部分がありました。

ですので、今後はきっちりしていこうと考えています。

人の評価ですので、その人の人格を評価するのではなく、会社独特のものさしで「その人の仕事ぶり」を評価するということです。

これは、もちろんどこまで行ってもグレーな部分が残りますが、私は、会社側と職員側のお互いが納得して働くことが重要だと思うのです。

 

SNSでもご購読できます。