谷病院職員様 タイピングトレーニング

8月15日のご報告で、「看護業務の見直し」のご報告をしました。

今回のお話はこの続きとなります。

介護記録を電子化し、今までの紙の用紙に手書きで記載していた方式を切り替えるお話を進めようとしたところ、病院様から依頼がありました。

その依頼とは、「関連するスタッフの、電子機器へのタイプ入力についての不安を取り除きたい」というものでした。

私もこの事については、今回の病院様の依頼には「すぐに対応しないといけないな」と思いました。

何故そう思ったかというと、以前これと同じような経験をしたことがあるからです。

高知に戻った翌年の2014年の事ですが…

ある介護施設で、手書きで介護記録を書いていたスタッフの皆様に、EXCELでフォームを作成し、マクロを使って最終的には介護給付請求書用のデータを自動生成するプログラムを提案した時の事です。

この提案をしたときは、私はまだあまり医療・介護施設の現場に不慣れな状態で、単純に「手書きを止めれば効率化できる」と考えていました。

そして、その当時タブレットはまだ出回っていませんでした。

ですので、ノートPC上のEXCELを使う事を前提としてこのご提案をしたのですが、あるスタッフの言葉に驚いてしまいました。

「パソコンを使わないといけないのなら、私は仕事を辞めます」

ちなみにこの施設では、年配のスタッフの方が結構多く、この事をおっしゃった方々も、ほとんどは70代でした。

しかも同じ意見の方がその施設のスタッフの半分近くいました。

結局その時、私はその方々を説得できず、その施設ではこの仕組みは見合わせる事となったのです。

そういうことで、今回の病院様からの依頼はもっともなことと思い、

これも病院様からの依頼で、まずは病院のスタッフの皆様にアンケートをとるところから始めることとなりました。

このアンケートの目的は、実際にタイピングに慣れていないスタッフで、タイピングに慣れていただかない方の人数を把握し、それに合わせてタイピングの練習をしていただくための練習環境を用意するためです。

今回のメインの入力用の機器は、アンドロイドタブレット、およびアンドロイドスマホとなります。

アンケートの内容として、大体以下の質問からなっていて、どれも5~7個程度の選択肢(複数チェック可)からの選択形式です。

1.現在私用でどのような情報機器を使用しているか?

2.使用中の情報機器にデータを入力する時の入力方法は?

3.今後業務でスマートフォンを使用して情報を入力する時の心配事は?

4.業務で使用する情報機器で、自分にとって便利な情報の入力方法は?

 

現時点ではタブレット及びスマホということで、メインはフリック入力を前提としていますが、アンケートの結果によっては、音声入力やタッチペンでの入力も検討しなければいけないと考えています。

期間はアンケートの配布を10月3週目あたりに始めて、約1週間程度で回収し、それと同時に、必要なタブレット、スマホ、PCを用意し、11月初旬から練習を開始したいと考えています。練習の内容はまだ決まっていませんが、インターネットのサイトや入力練習用スマホアプリもあるので、これらを使うことになると考えています。

 

谷病院様では、このような取り組みを行うことで、職員の皆様の電子機器への精神的なハードルを下げる取り組みを行っています。

電子機器と言っても、やはり「道具」ですから、慣れていただくのが一番ですからね。

 

SNSでもご購読できます。