谷病院(医)望会様とのシステム・コンサルティング契約締結

以前から少しずつ、このサイトでもご紹介していましたが、

この度、谷病院(医)望会様からシステム・コンサルティング契約の受注をいただきました。

(以下、谷病院様と記載)

このサービスの名称は「経営者の片腕サービス」です。

名前の意味するところは、「忙しい経営者に代わり、業務のシステム化を実施する」です。

この「実施する」というところが重要です。

地方にいると、なかなか業務のシステム化についての専門家が少ないこと、そのたぐいの情報が少ないことなどから、今も社内の業務が10年前と、ほとんど変わらないといった中小企業様向けに、「システム化で業務効率化、今まで出来なかったことを可能にする」を、実践するのがこのサービスの内容です。

 

そして、このサービスの目的とするところは「事業継続」です。

私は地方の中小企業が今後も事業継続をするためには、「本業に集中」する環境が必要だと考えています。

もちろん、コンピュータ化だけではそれは難しいのかもしれませんが、高知のような地方の中小企業が、今の事業を次世代に引き渡すためには、事業を取り巻く環境、そして事業そのものを効率化することが絶対に必要だと考えました。

このサービスはそのためのものなのです。

 

谷病院様はその顧客第1号です。

そして、今回のサービスは今まで積善会の業務とはかなり内容が異なることから、

今回別のサイトを立てて、お客様へのインタビューのご紹介、サービス内容のご紹介、そして実施したサービスの内容や結果をご紹介することにしました。

このサービスの具体的な内容、そしてこのような地方に逆風が吹く時代に経営者の方がどのような考えをお持ちなのかを知りたい方は、右上のアイコンか、こちらをクリックして下さい。

SNSでもご購読できます。