新年度開始

多くの日本会社の会計年度は4月~3月だと思います。私たちの会社もこの4月から「46期」がはじまりました。
2013年に高知に帰ってきてから、あっという間ですね。ところで、あなたの会社では年初に従業員の目標を立てますか?

私たちの会社は正社員が7名という小さな会社ですが、4月には各自の目標設定を行うことにしています。そして、3か月毎に目標の進捗を確認し、3月にその評価をして昇給と連動させています。
去年までは、私が目標を立てていましたが、(もちろん最初の「案」を作り、それを社員と話して修正して、その年の目標とするのですが。)今年からは、社員自ら目標を立ててもらうこととしました。
その方が、よりモチベ―ションが上がると考えたからです。
この時私が気をつけていることが2つあります。
それは…
1つめが「目標の数は最高3つまで」です。
これはもう、なるべく本人が業務に集中してほしい事、そして採点項目が多いと、本当に本人にやってほしいことがぶれるからです。目標の数はなるべく少なくして、本人が「やるべきこと」に集中してほしいと思います。

そして、2つ目ですが、「目標は可能な限り数字化し、評価しやすくする」です。仕事ですので、当然のことながら、「前提条件」が付いたり、あいまいな表現になったりします。(というか、必ずあいまいな表現は残ります)
それでも、評価する側としては、なるべく公平な評価を、評価される側と共有したいのでこのような仕組みにしています。

小さな会社で目標設定か…、という方ももちろんいらっしゃると思います。それでも私自身の感想としては、いくら人数が少なくとも、「常に自分の目標」をもって業務に臨むということは、途中でぶれることが少なく、またブレたとしても、この目標シートに戻ってくることで、本人にとっての最重要事項を確認する事ができ、すごく良いのではないかと考えています。

SNSでもご購読できます。