新社屋への移転

突然ですが、私たちは、来年6月上旬を目途に新社屋を建て、そこに移る予定です。
移るといっても、今の場所から約200メートルで、道路を挟んだ斜向かいの駐車場の一部が次の新社屋の予定地です。

理由は単純で、今の事務所に使用しているビルの強度が、昨年の耐震診断で問題ありと判定されたためです。
私たちが使用しているビルは5階建てで、5階に私たちの事務所があり、4階までは仁生会の在宅部の皆様が使用していました。
私たちは、賃料を頂いてお貸ししていたわけですが、この診断を聞いた時最初に、「やはり入居者の安全が第一だよな」という極めて普通の気持ちを持った一方で、「あー、これで家賃収入がなくなる」というへこんだ気持ちを感じました。
そして翌日在宅部の方や職員にこの状況を説明し、在宅部の方々には安全が保障できないので退去をお願いしました。職員には新しくビルを立て直すことを発表しました。正直な話、家賃収入は収益率が高い業務だったので、これが無くなるのは私たちにとって結構な痛手だったのですが、致命的ではなかったので気持ちを切り替えて、新社屋を考える際にも、「貸しオフィス」はやらず、職員だけが入居するビルにしました。

そのときには、すでに在宅部の皆様が退去された後で、多分もう戻られないだろうということ、そしてなにより私たちの正業は貸しオフィス業ではないという考えから、建築コスト削減のためこの決断に至りました。
ちなみに、在宅部の皆様は新しく上町5丁目に移動されたのですが、いままで大通りから少し入ったところにあったのが、新しい場所は上町の大通りに面しているため、利用者が増えているそうで、これを聞いて私もこれはこれで良かったなと思っています。
新しいビルでは、正職員だけでなくパートの職員の皆様が休憩の取れる場所を用意し職員の皆様へのサービスレベルを上げたいと考えています。

SNSでもご購読できます。