自分のミッションについて考える。

とあるセッションに出席した折に、前スターバックスCEOの岩田松雄さんの講演を聞く機会があり、その内容に感動し、著書の「ミッション」という本(株式会社アスコム発行 1,400円)を買いました。

突然ですが、あなたの会社にミッションは存在しますか?

「もちろん」とおっしゃる方も、「それではあなた自身のミッションは何ですか?」と聞くと、なかなか答えられないのではないでしょうか?

お恥ずかしい話ですが、私は最初の質問にも、次の質問にも明確な答えをすることができません。

念のためですが、ここで言うところのミッションとは「何のために働くか」ということです。

本屋さんに行くと、この類の本は結構置いてあると思いますが、岩田さんの言葉が自分に響いたのは、彼が企業人として素晴らしい経歴の持ち主だからだと思います。彼は、イオンフォレスト社長、スターバックス・ジャパンのCEO、として輝かしい業績を上げ、日本人ではたった4名しかいない「Inspirational Alumni 100 Points of Impact」を受賞しています。

 

私がこれに似たことを最初に考えたのは、高校生の時でしたがもちろんその時は答えが出ず、

そして残念ながら60になる今年でも、まだはっきりとそれを言う事が出来ません。

 

遠い昔に習った論語孟子では、確か「50にして天命を知る」とありました。確か中学生の時だったので、その時は「フーン」という感じでしたが、いざ自分が50になっても、そしてさらにそこから10年がたっても、自分の天命はわからず、「運に身を任せて流れてきて、気が付いたらここにいる」という感じです。

 

もしあなたが、「自分が何のために働くか」そして、そのミッションを作るための7つのヒントについて興味があれば、この本は絶対おすすめです。

SNSでもご購読できます。