高知家ビジネスプランコンテスト決勝大会

ちょうど1週間前ですが、
高知家ビジネスプランコンテスト決勝大会を見に行きました。

なんか、こう書くといかにも物見遊山的ですが、

高知で、どんな人たちが起業しようとしているのか?
どんなビジネスをしようとしているのか?
興味があり、またできればそんな人たちとつながりたいという気持もありました。
このコンテストは、午前と午後に分かれていて、

午前中が「KOCHI STARTUP PARKデモデイ」というタイトルで…
10チームが参加し、聴衆の前でプレゼンをします。
一方聴衆は、気に入ったチームへのメッセージをポストイットに書いてボードに貼る、
それと空いた時間に、各チームの説明会のブースを訪れ、お話をすることができる
というものでした。

そして私は、
その中の一つ、ふんどし販売harenchiさんの臨時ショップで、
ふんどしを1枚購入しました。
プレゼンを聞いて、「寝るときに気持ちよさそうー」
という感情に負けてしまったのです。

もちろん、その後試しましたがすごく「自由な感じ」
で良く寝られます。

午後からは、「高知家ビジネスプランコンテスト決勝」で、
個性豊かな8チームがプレゼンを行いました。
こちらは、「決勝」だけに各チーム非常にユニークで、
特に感じたのが、やはり「情熱に突き動かされた意志」でした。

皆さん、情熱が発生する理由は異なりますが、私が感じたのは
「お金儲けをしよう」ではなく・・・
「起業で世界を変えよう」という情熱でした。

そして・・・
これらのプレゼンをした人たちだけでなく、
当日は結構な人数の方がいらっしゃったのですが
自分の回りにいる方たちとお話をするとビックリ、

そこにもここにも「起業したい」、「起業しました」
と言う人が結構いらっしゃいました。

特に驚いたのが、9歳にして起業を目指す「SAKURA」ちゃんでした。
もちろん、具体的なアクションはまだできませんが、
年長者としては、SAKURAちゃんの未来が素敵なものであることを
願わずにはいられませんでした。

私は、この場に出てこられた皆様を、無条件に「すごい」と思います。
そして、このような方々をサポートしたいと考えています。

具体的には、私の持てるマーケティングスキルで、
「集客」のお手伝いができればと考えています。

SNSでもご購読できます。