第46期 決算報告

第46期の決算報告が終了しました。

 

 

46期の大きなトピックについては以下の通りです。

 

  • 売り上げは積善会始まって以来初めて3億を超えました。
  • 事務所移転に伴う土地の売却損で最終決算は約4,700万円の赤字となりました。
  • 事務所移転に伴い家賃収入が無くなったため、営業利益は前期比約3割減となりました。

 

47期への指針

 

実は、私たちの仕事はこの3年で大きく様変わりしつつあります。

というのは、仁生会の各施設様の施設・設備の保守業務での売り上げが、

2年連続で約50%増となっているのです。

 

2年前までは家賃収入を中心として、売店や様々な物販の販売で利益を上げてきましたが、

これからは、この設備保守、清掃など仁生会様に提供する「サービス」に注力してビジネスを展開していきたいと考えています。

 

47期の目標はこれです。

“仁生会の各施設が、「利用者の皆様にとって良い医療・介護施設として存在する」ため、

医業以外の業務をより安価で品質の高いサービスを提供する。“

 

今後私たちは、仁生会様に単に「必要な物を売る」というビジネスだけでなく、仁生会様がより良い医療サービスを提供するためのサポーターとして存続していきたいと考えています。

SNSでもご購読できます。