45期決算報告

45期の決算報告がまとまりました。BSとPLのサマリーは、こちらからどうぞ。

45期決算報告レポート

 

一言で言うと「減収減益」です。以前にもここで書きましたが、
この1年で、ビルの家賃収入が無くなったのが大きく響いています。
しかし、施設管理の業務が好調でなんとか家賃収入の分を埋めてくれました。

とは言え…
家賃収入はそのまま収入が利益につながっていたので、
設備関連の業務が伸びても、家賃収入分をカバーする利益を上げるのは、難しい状況です。

ですので、月並みですが、今後はやはり会社運営コストの削減が、

第一の優先順位となると考えています。

そして、弊社の場合、なんといっても人件費が固定費の約84%を占めています。
ですのでコストを削減するという場合、この部分を避けては通れないと思います。

もちろんこれは、単純に従業員を解雇して・・・なんて話ではなく、
仕組みの改善と機械化(AI化?)で現行のサービスを効率化したいという、
ごく普通のお話です。

そして46期が既に始まっていますが、

今期はお客様からの物品の受注の仕組みを変えて、

もっと効率化したいと思っています。

これにつきましては、また別の機会にご報告します。

SNSでもご購読できます。