谷病院様とコンサルティング契約の締結のお知らせ

以前、このブログで谷病院(医)望会様との紙文書の電子化のお知らせをしました。

実際には、現在紙で予約を取っている外来業務を電子化し、kintoneカレンダーPlusという商品を使用して、予約業務を行うようにしていただきました。

詳しいお話は別の機会でお話しさせていただきますが…

今回は、その谷病院様と「経営者の右腕サービス」というシステム・コンサルテーションサービスを締結したことをご報告します。

経営者の右腕サービスとは、忙しく、そして必ずしもコンピューターテクノロジーに詳しくない経営者に代わり、事務所内の業務を効率化し、さらには、その会社が今できていないサービスを提供できるようにすることを目指すサービスです。

このサービスの最終目的は、「会社の存続」です。

人口の減り続ける高知で今の業務を続けるためには、限りある人的な資源を本業に振り向け、業務そのものはなるべく人手に頼らず、効率化することが絶対に必要ではないでしょうか。

このサービスは、そのような環境を構築するため、次のような仕組みを実現することを目指します。

 

  •  すでに世の中で広く使われる、安定したテクノロジーの力を利用する仕組み
  •  簡単に情報を電子データとして取り込む仕組み
  •  いったん取り込んだデータは、簡単に必要な形式の情報に変換する仕組み
  •  取り込まれたデータは瞬時に職員が共有できる仕組み
  •  スマホやタブレットといった機器で、どこにいても扱える仕組み

 

そして、このサービスの最も重要な点は、「経営者のあなたに代わって実現する」ことです。

もちろんその過程で、経営者であるあなたや職員の皆様のご意見、フィードバックを元にスケジュールベースで、これらの導入を進めていくので…

「新しいシステムを入れたが、かえって面倒くさい」

「今何かしているようだが何をしているか分からない」

といった、新規システム導入によくある問題はありません。

 

今回谷病院様に、このサービスのファーストユーザーとなっていただいたことを契機に、

「地方における事業継続のためのテクノロジーの貢献」をテーマに、別のサイトを立ち上げたいと思います。

詳しいことはそちらのサイトで情報をアップしていきたいと思います。

SNSでもご購読できます。