地方中小企業社長の悩み

突然ですが、あなたは何かの団体で、経営者または管理職をされていますか?

もしそうでしたら、あなたにとって頭の痛いことは何ですか?

売上が増えない?

社員が言うことを聞かない?

新入社員の採用が難しい?

・・・

いろいろあると思いますが、私の今の悩みは「人のやりくり」です。

以前ここで書きましたが、今年私達の会社は、新規事務所を建てるに当たり、今までの所有地を売却したため、土地に関連する家賃収入がなくなりました。

ですので、私達は私達のご提供するサービスの品質向上を、よりいっそう高めようとしているのですが・・・

そうは言っても、コストがあるのでそう簡単に人は増やせないので、結果的に各サービスとも、結構ギリギリの人数で対応することになります。

そうなると当然、誰かが休んだとか、誰かが辞めるとかいうことになるともう大変。

その穴を誰が埋めるか、埋めたその人の仕事はどうするんだということで、結構てんやわんやになります。

 

「それでお前はどうしてるんだ?」と、なると思いますが、結構思い切ってこの業務を正規職員にお願いすることにしました。

色々突っ込みはあるとは思いますが、対象が複数の職種に渡ること、スケジュールベースでない部分が大きいことで、パートさんにはなかなかお願いしづらいことが最大の理由です。

もちろん、引き受けてくれた職員の方には感謝しかありません。

 

ただこの決断をする上で、会社の経営上の数字を押さえておくことはもちろん大事ですが、

日頃から、会社の状況の良いところも悪いところも社員全員で共有しておくことが大事だなと思いました。

そして、逆に地方の中小企業で、「知恵を絞る、力を合わせる」を怠るとどうなるのか?

ということを想像すると、一体どうなるのか少しヒヤッとしました。

SNSでもご購読できます。