人工知能(AI)を用いた医療機関向けの対話式受付アプリケーションの開発・導入のご報告

2017年3月に「細木ユニティ病院」様に音声対話案内システムの開発・導入をいたしました。このシステムは、人工知能(AI)を活用した対話エンジンの開発・サービスの提供などを手掛ける株式会社ネクストリーマー様の対話システムを基に開発したものとなっています。

ディスプレイ前に置いたマイクに話し掛けると、ディスプレイ画面上に表示するキャラクターが音声と文字表記で返答します。人工知能を用いたクラウド上の対話エンジンが、利用者様の自然言語を認識し、質問に対して、施設内の案内、診療担当医や訓練の日程、病院の取組みを紹介する機能を持っています。

現在、試験運用の段階ですが、徐々に音声認識率も向上し、会話の受け答えが確実なものになりつつあります。今後、人工知能が質問者の発話の意図を理解し、自動応答が益々向上していくことを期待しています。

今後はこのシステムを応用し、導入する施設にあったシナリオをカスタマイズすることで、病院様以外でも利用でき、企業イメージにあったキャラクターで差別化を図った展開が可能になります。

人工知能の進歩・発展によって、一部の単純労働が機械に代替えされつつあります。人と会話が出来、人を助け、人の役に立つ本システムの人工知能を育てていくことは、受付応対者のサポートに繋がるだけでなく、新任の応対者が院内の情報を習得することが出来、教育研修にも役立つシステムになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする